円形脱毛症対策ブログ円形脱毛症でお悩みの方へ!円形脱毛症の原因や症状、治療法や予防対策、体験談など役に立つ円形脱毛症の情報を紹介しています。 


円形脱毛症対策ブログ

このページの記事目次 (カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識

total 4 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

円形脱毛症を考える会

   ↑  2010/12/28 (火)  カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識
円形脱毛症という病気の悩みを抱える人たちの交流の場として「円形脱毛症を考える会」という団体があります。

円形脱毛症という病気は、感染や伝染する病気ではなく、生命を脅かす心配のないものです。しかし、多くの時間を費やしても、完治するのかどうかの見通しがつかない病気でもあり、本人や家族は精神的な苦痛をしいられることが多いといいます。

円形脱毛症は、誰もが発症する可能性を秘めているにもかかわらず、社会的には病気としての認識や理解といったものがあまりない状況で、時には差別やイジメにつながることもあるといいます。

生死に関わる病気ではないと、軽視されるケースも少なくありません。そのような円形脱毛症の悩みを持つ方々が、集まって交流する場も増えているといいます。自分ひとりで、病気の悩みを抱えこむのではなく、同じ悩みをもつ人々との交流を持ち、精神的な苦痛が軽くなる、というのも円形脱毛症の対策として必要とされているのでしょう。

そういった場として「円形脱毛症を考える会」があるんですね。

1975年に「円形脱毛症の子を持つ母親の会」として(株)東京義髪整形の支援により発足しました。東京義髪整形の職員と会員が中心となり、セミナー、医療相談をおこなっているそうです。

現在の会員は300名で、年2回セミナーと6回の会報を発行しているといいます。医師を囲んでの病気相談会や、脱毛症本人同士の交流、脱毛症の家族を持つ人同士の交流、脱毛症の人と脱毛症でない人との交流と相互理解を行っています。

誰にも話せなかった脱毛症の病気について、カツラについて、など、理解してもらえないと思っていた気持ちを本人同士話し合ったり、家族で交流をしたりすることで、答えはでなくても、心の支えや励みになることでしょう。
円形脱毛症を理解してもらう機会が少ないという現状の中、
心のバリアフリーを広げるために、正しい知識をお互いに身に付ける活動も行っているということです。

スポンサーサイト

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/blog-entry-19.html

2010/12/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

女性で円形脱毛症になったら

   ↑  2010/12/27 (月)  カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識
円形脱毛症などによって、髪の毛が大量に抜けるというのは、女性にとって非常にショックではないでしょうか。ついつい、このまま治らなかったらどうしよう・もっと広がったらどうしようと、マイナスのほうへと考えてしまいがちです。

今までのストレスに加え、円形脱毛症になってしまったということ自体も新たなストレスとなり、治りが遅くなってしまうという例も聞かれます。

女性の場合はウィッグ(かつら)があります。市販されているものでも様々なウィッグがあります。

なんといってもストレスは円形脱毛症の進行を進めるてしまいます。いざ円形脱毛症になってしまうと「ウィッグでおしゃれなんて」という気持ちになってしまいがちですが、そういったものを逆にオシャレのひとつとして利用してみるのもいいでしょう。

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/blog-entry-18.html

2010/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

産後の女性の抜け毛

   ↑  2010/12/27 (月)  カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識
女性だからといって特に円形脱毛症になりやすいということはありません。

子供を出産した後に、抜け毛が多くなった、円形脱毛症ではないかと、お悩みを抱える方が多いといいます。洗髪の際に、多くの抜け毛を目にすれば、相当ショックですし、円形脱毛症を疑ってもしょうがないと思います。子供の出産後には、確かに抜け毛が増える傾向があります。しかし、これは自然なことで、ほとんどが心配ないとケースだそうです。

妊娠中の母胎は黄体ホルモンの分泌が活発になり、その働きでヘアサイクルが一時的に変化するのが抜毛の原因です。休止期に入って抜けるはずだった髪の毛が、そのまま成長を続けて、子供の出産後にホルモンが通常に戻ると一斉に抜けるのだそうです。

ただごくまれに育児ストレスなどで円形脱毛症になってしまう場合もあるようなので、円形脱毛症の可能性が気になるようであれば、専門医二相談するとよいでしょう。

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/blog-entry-17.html

2010/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

子供の円形脱毛症は意外と多い

   ↑  2010/12/14 (火)  カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識
実は子供の円形脱毛症は大人に比べて多いといいます。特に幼児期での円形脱毛症は発症例が多いようです。

幼児においては50~70%がアレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・喘息を合併するというのが、子供の円形脱毛症の特徴です。このことからも、円形脱毛症の原因として、Tリンパ球の異常な働きによる自己免疫疾患の関与が深く疑われているともいいます。

子供の円形脱毛症は、親が期待を持ちすぎたり、親が愛情を注がないことによるストレス、と決めつけてしまってはいけません。病院できちんと検査を受け、正しい対処法を実施してください。

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/blog-entry-16.html

2010/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

子供の円形脱毛症

   ↑  2010/12/14 (火)  カテゴリー: 円形脱毛症の基礎知識
円形脱毛症は、性別や年齢に関係なく誰にでも起こる可能性のある病気です。

最近では、小学生の子供や小児が円形脱毛症にかかるケースも増えているといいます。原因ははっきりとはしていないのが現状ですが、アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・喘息を併発するケースが多いとの報告もあるそうです。

子供の円形脱毛症は、治りにくいことが多いといわれることもありますので、かかりつけの小児科や皮膚科の担当医とよく相談し、あせらず根気よく治療を続けてください。

円形脱毛症で髪が抜けるというのは、子供にとって精神的にも大きなショックでしょう。学校など、周りに理解を求め、必要によってはかつらを作るなどの対策を講じ、子供の精神的な負担を軽くしてあげる努力が必要です。

(記事編集) http://enkeidatsumou123.blog137.fc2.com/blog-entry-15.html

2010/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。